高く不動産を売却したいなら

不動産をできるだけ高く売却したい

不動産をできるだけ高く売却したい不動産会社から聞いた話によると複数の業者に依頼するのが良い

所有している不動産をできるだけ高く売却したいというのは誰でも思う事だと思います。
しかし、依頼する不動産会社によっても査定で算出してくる価格は差がありますし、まずは1か所だけに査定を依頼するのではなく、複数に依頼して検討するのがおすすめです。
差額の開きは思った以上にあり、なんでこんなに差が出るのかという点では、やはり競争ではありませんが、自分の会社だけに依頼してほしいという会社であれば、他より高めに言えば依頼してくれるという考えも見受けられますし、一方、低い金額を提示してくるところは、よく理解していないのか、若しくは正規な価格、売れるであろう適正価格を伝えてきているのかもしれません。
いずれにしても、売る側としては、手元に余裕ができればその分助かるので、高い金額のところに依頼しましたが、1か所ではなく2ヶ所に依頼しました。
金額はその場合2ヶ所とも合わせてもらうという感じです。
高めのところに依頼した理由はもう1つあり、もしかっしてほしいという希望者が表れた場合に、値段交渉される事も考えられますし、要らないものは撤去してほしいなど希望を出されることも想定していたので依頼しました。

不動産売却の手続きについて

自身の名義で新築一戸建てを所有していましたが、事情があって売却して賃貸へ引っ越す事を決意。
まだ購入してから5年程度しか経っておらず、住宅ローンもほとんど返せていない状態での売却は不安でした。
とにかく、売却するお金で残債を消す事ができない事には抵当も抜けないですし、そもそもどこに依頼するべきかもわからずでした。
新聞折り込みに入っていた有名な不動産会社のチラシが目に入り、電話したのちに、査定を依頼。
手元に残るお金はほとんどありませんでしたが、それでも売却する必要があったのでお願いしました。
住みながらなので、内覧希望があればすぐ部屋を片付ける、若しくは常に綺麗にしておき、いつでも内覧してもらえる状態をキープしていましたが、
相場と少し離れていたからなのか、エリアも田舎でしたのでなかなか内覧も希望する人がないまま2年が過ぎようとしていた時に、
1組のご夫婦が購入を決意してくれて売る事になりました。

手続き自体は、まずは、申込みが入ってから買う側がローンの審査等があるので結果が出るまで少し待ち、それから契約というのがまず初めの段階でした。
それから契約を交わした後は、自身の引越し先を受渡し時までに探す必要があったので、賃貸専門の業者へ何度か出向き、部屋探しをしました。
同時に買う側は本審査等を行い、受渡しに向かって準備をすすめていました。
そして、本審査も無事通りましたのでというお知らせが不動産会社から入り、自身は抵当権抹消の手続き等を行い、受渡し日を設定。
そして受渡し当日、残代金の受け取りや入金、司法書士への報酬の支払い、登記の依頼等、銀行も混んでいたせいか2時間ほどかかりましたが、
無事手続きが終了して入金も確認でき、見事売却する事ができました。
本来であれば、あまり人気のないエリアでいくら室内が綺麗でもちょっと高めの価格ではありました。

その為、購入金額は販売価格から指値が入りましたが、この機会を逃すと今後はどのくらい先になるか不明なのも現実なので、受け入れました。
残債より100万円ほど足りない金額でしたので、受渡し前に借入先の銀行にて残債へ充てるための手続きも行いました。
当日残債分を完済するのは大丈夫ですが、それ以前に予め残債分を完済してしまう等をおこなうと、
のちの税金申告時に還付されるものが還付されないような事も聞いていましたので、当日行いました。
税金については全く無知だった為、不動産会社に翌年の確定申告の際も色々手続きについてはお世話になり、勉強にもなりました。
税務署へ直接出向き、売った時等の書類を全て持って行って行いました。
今後、こうして不動産を売ったり買ったりする事はほぼ無いに等しいとしても、買う時や売る時、その後や途中のやるべき事、支払うものは何があるのかなど色々知る事はできました。
自身が経験して感じたのは、売る側より買う側の方が契約した後から受渡しを受けるまで、とてもバタバタする毎日だと思いました。
実際、売る側はほとんど難しい事は無かったにしても、多少時間や日数も制限されたり、何より役場や銀行関係は平日の限られた時間内しか受付していないので、
働いている場合は少しバタバタすると思います。
登記等の件は全て司法書士が仲介に入ってくれた不動産会社若しくは、銀行側等が手配してくれますし、安心でスムーズにできます。
必要なものや時期等も不動産会社の指示に従っていただけなので、助かりました。
初めにどこの仲介仲介業者等へ依頼するかはとても重要なのかもしれません。
販売する媒体にも違いがあり、大手の方が色々なサイトやチラシ等も無料で掲載してくれたりしますし、できるだけ自宅から近場である方が、通いやすくスムーズだと感じました。